システムブレイン TOP > シスブレの知識 > システム開発の流れを理解しよう

システム開発の流れを理解しよう

システム開発を行う上で、作業工程を発注者・受注業者ともに理解しあうことは必須業務です。 発注者側としては、自社が求めるシステム開発の要項を満たしているのか、求める機能に不足が無いのか確認でき、またローンチまでの段取りを理解しておくのは外注担当として必要最小限でしょう。ここでは一般的なシステム開発の流れを詳しくご紹介していきます。

システム開発の工程内容

システム開発を工程は細かく分かれています。その大まかな部分を挙げると、「要件定義」「基本設計」「詳細設計」「製造・単位テスト」「結合テスト」「総合テスト」「受入テスト」となっております。以下にまとめておりますのでご覧ください。

要件定義

顧客が求めるシステムの取りまとめを行います。何が欲しいか、追加がしたいのか、新しく入れ替えをしたいのか、いつまでに欲しいのかなどをまとめ、立案します。この段階で期間や予算、人員などの計画も行います。

基本設計(外部設計)

開発対象のシステムをモデル化します。主に、「画面設計」「帳票設計」「コード設計」「倫理データ設計」4つの作業が挙げられています。ここでは外側の見た目を設計します。そのシステムが利用しやすいか決まるものなので、打ち合わせをして内容を詰めることが求められます。

詳細設計

または、内部設計ともいいます。主にプログラミングの設計のことを表します。専門的な内容になりますので、外注会社に任せても大丈夫です。

製造・単体テスト

様々な工程に分けて作られたプログラムがしっかりと作動するかどうかをテストを行います。こちらも、専門的な内容になりますので、外注先に任せても大丈夫です。

結合テスト

単体テストをクリアしたら、次は分割されているプログラムを一つにまとめる作業です。そして、1つになったプログラムが作動するかテストを行います。単体テスト同様、外注先に任せても大丈夫です。

総合テスト

または、システムテストともいわれています。これは開発元ではなく、納品先の環境でプログラムが正常に動作するかのテストを行います。こちらも外注会社に任せても大丈夫です。

受入テスト

納品されたシステムの検収作業を行うことです。ここでは、システムを動かしてミスがないか確認するのではなく、計画表などを見ながら動作が正しく行われているか漏れ無くチェックしましょう。

一つ一つ理解をしていけば、システム開発も難しいものではないんです!

システム開発も、プログラミングの専門作業を除けば発注者にとって知っておかなければならない内容のものばかりです。一見難しそうに見える言葉も、一般的な言葉に言い換えるとわかりやすくなります。内容を理解し、発注者と開発者のコミュニケーションを取ることでシステム開発の成功へと繋げましょう。