システムブレイン TOP > シスブレの知識 > システム開発の手法にはどんなものがあるの?

システム開発の手法にはどんなものがあるの?

私たちがシステム開発を外注した際に、何らかの開発方法によってシステムは作られています。ここでは3つの手法を紹介しておりますが、それぞれ長所と短所があるので、希望のシステム開発案件にはどれが合うか、発注先としっかりと打ち合わせをしましょう。システム開発手法ひとつひとつ何が違うのかなどを下にまとめました。

システム開発の手法のよく使われる3種類

システム開発の手法でよく使われる開発手法は「ウォーターフォールモデル」「アジャイルソフトウェア開発」、「スパイラル」の3種類が挙げられています。これらの違いは、一度に完成まで作るか、試作と修正を繰り返す行為を重ねて完成に繋げるかのどちらかです。

ウォーターフォールモデル

昔からある最もポピュラーな開発手法です。上流から下流工程へと順番を経て進んでいく工程です。工程間での大きな後戻りができないことがデメリットとして挙げられています。ですが、前工程に戻ることが少ないことや進捗状況の管理がしやすいのがメリットです。

アジャイルソフトウェア開発

またの名を反復型ともいいます。とにかく何度も制作し、お客様の確認で修正箇所や追加の要望を受けて修正を繰り返すことでお客さんの想像に近づけていきます。全ての工程を分割して作成し、小さな機能を1つずつ追加開発していくことで、最終的に合体させてシステム全体の開発を行います。

上2つの良いところを兼ね備えたスパイラルモデル

スパイラルモデルは、ウォーターフォールとアジャイルの長所を兼ね備えた手法です。設計からプログラミング、テスト、試作品の試用等の一通りの流れを繰り返してシステムの質を高めていく方法です。開発途中で確認し、再度開発するという繰り返しの開発が、システムの質をあげていくのです。

開発手法を知っておくことは大切です

システム開発の方法は知らないとわからないものではありますが、一度発注者に確認を得てからシステムは制作に移るので、これらのことは知っておくべきことであるでしょう。どの開発手段が適切かどうかを、外注先の開発者と相談し合うことが必要です。